ゼニカルの通販は違法じゃない?

通販が問題ないか考える女性ゼニカルなどの医薬品を通販で購入することに疑問を持つ人もいます。

現在、日本では処方箋を必要とする医薬品を売買することは禁止されています。

そのため、ゼニカルの通販も違法だと考える人は少なくありません。

 

もちろん、普通に通販で売買する場合は違法になってしまいます。

実は、このゼニカルの通販と呼ばれているサイトは、実際は通販ではないのです。

正式には個人輸入を代行するサービスを行っているサイトとなっており、個人輸入であるため法律に触れることはありません。

 

 

日本の法律では、処方箋医薬品の売買は違法ですが個人使用を目的として海外から医薬品を輸入して使用することは認められています。

そのため、個人輸入は以前から利用されていた手法ではありますが、利用できる人の数は限られていました。

海外から個人的に医薬品を輸入して使う事ができると言っても、実際に医薬品を輸入するというのは容易なことではありません。

それゆえに、利用したくても利用できないといったことが多かったのです。

 

しかし、この個人輸入を代行するサービスが登場したことによって、多くの人がより便利に個人輸入を利用することができるようになったのです。

 

では、なぜ個人輸入代行のサービスが登場するまで個人輸入は利用されることが少なかったのでしょうか?

その理由はいくつかありますが、やはり一番大きな理由となっているのは、言葉の問題でしょう。

ジェネリックなどの安い医薬品を多く開発しているジェネリック大国となっているのは、インドです。

ですから、個人的に輸入を行おうと思った場合は、インドの製薬会社とやり取りを行ったりする必要があります。

当然、インドとやり取りをするという事は、インドで話されている言語を習得する必要があります。

英語などが通じる場合は問題ありませんが、そうでなければ当然現地の言葉を話せる必要があるわけです。

更に、インドで話されている言葉の数の多さも、個人輸入を利用しづらい理由がありました。

実は、インドで使われている言語は数十にも上ります。

ですから、1つや2つ言語を習得していても、やり取りする製薬会社で使われている言葉が違う種類のものであれば、交渉すらできないわけです。

 

そのため、個人輸入を利用するというのはそれだけで、とてつもない高いハードルが立ちふさがっていたのです。

 

しかも、立ちふさがるハードルはそれだけではありません。

言葉の壁を乗り越えることができたとしても、その後には法律のハードルが待っています。

日本に法律があるように、外国にも当然法律はあります。

そうした法律で医薬品の輸出入に関するものもあるわけですから、そうした法律に触れないようにする必要もあるわけです。

そのため、言葉と法律という非常に難易度の高いハードルが二つもある為、利用したくても個人輸入を利用できないという人が多かったわけです。

 

しかし、個人輸入代行はそうした言葉や法律のハードルで越えることができなかった部分を全て代行してくれるので、現地の言葉を全く話せなくても、現地の法律について全く知識が無くても個人輸入を行えます。

 

ゼニカル通販の利用はこちら

ゼニカルのパッケージダイエット治療薬として登場し、世界中で使われているゼニカル。

脂肪分をカットして、自然なカロリーカットができるので特に大きな努力をせずに痩せるといったことも不可能ではありません。

また、ゼニカルを通常のダイエットにプラスすることによって、通常のダイエットの効果をブーストするといったことも可能です。

ただし、ゼニカルでカットできるカロリーは脂肪分が由来となっているものだけなので、普段の食事に油物が多い人には適していますが、そうでない人には適していません。

そうした部分も含めて考えて、利用するかどうかの判断を行いましょう。

 

ゼニカルの購入はこちら